通信系プログラムの理念
(2006/3/17 設定)

通信系プログラムは,急速に発展する情報通信社会における多様な問題に対し,電気電子工学の確固とした基盤の上に立ちながら技術動向を的確に捉え,独創性および柔軟性を持って対処できる技術者を養成する.さらに高度な先端研究を指向する学生には大学院情報工学専攻通信・計算機分野において,専門教育を継続して施し,研究指導を通して科学技術開発の先駆者となる研究者を育成する.

通信系プログラムの教育研究目標

(分野別要件 D3) 通信機器あるいは通信方式に関する基礎知識を習得し,それらが実社会の通信技術にどのように利用されているかを理解する能力

通信系プログラムは,電磁気学や電気回路の基礎教育とともに通信理論,通信システム,ディジタル回路,電磁波など,通信に関する専門的な教育を行う.これにより,通信機器,通信方式に関する専門知識を習得し,実社会においてその知識を活用できる社会の要請を満たす水準以上の能力を身につけた人材を養成する.

教育理念・目標に戻る