電気電子工学プログラムの概要
(2006/3/17 設定)

電気電子工学科では,将来の電気・電子・通信のエレクトロニクス技術の発展を考え,求められる技術の進歩に対応できる基礎知識と創造能力を身につけることを目的としています.
本学科は機能電子系,エネルギーデザイン系,および通信系の三つの教育プログラムから構成されています.2年次に進級する際に,自らの専門分野を決定して,教育プログラムを選びます.1年次では,基礎科目及び学科共通科目により,電気電子工学の習得に必要な基礎知識を身につけ,専門分野の知識や技術を理解する能力を養うとともに,各専門分野に対する自らの適性判断を行うことができます.2年次以降では,各教育プログラムの基本科目,準基本科目,展開科目や実験・演習科目を学習することにより,実社会における様々な技術問題に対応できる基礎学力を体得する事ができます.
想像力豊かな技術者や研究者として,将来,地球的視野から自らの責任を自覚し,社会への技術的貢献ができ,個性を発揮して社会を主体的にリードできる人材の育成を目指します.




教育理念・目標に戻る