履修申請に関して

電気電子工学科では学生番号に応じて履修するべきクラスが決められています。このため、前年度必修科目の単位が未修得となった科目に関して、本年度の必修科目と重なり履修ができない場合がでてきます。以下の事項に当てはまる場合には、クラスの変更をみとめます。なお、選択科目は本規則の適用対象外です。

A. 前年度必修科目の単位が未修得となった科目に関して、本年度の必修科目と重なり履修ができない場合。前年度未修得の必修科目を別のクラスを受講することにより、本年度の必修科目も受講できる場合。

B. 前年度必修科目の単位が未修得となっており、本年度の必修科目が、自分が割り振られたクラスでは受講できないものの、別クラスでは受講できる場合。但し、その別クラスでの受講科目の時間には、必修科目の授業科目が存在しないことを条件とする。

C. 上記Aを適用した上でBを適用することも可能である。

該当する場合は、以下の手順に従ってください。

1 履修登録に関して担当の事務(学生センター)に履修指定クラスとは異なるクラスの履修を行いたい旨の申出をする。この場合、電気電子工学科に認められたルールである旨を伝える。必要書類があればそれを受け取る。

2 上記の書類と、昨年度成績表を持参し、まず担当教務委員の確認を得てから履修希望クラス担当者に履修許可を得る。(昨年度成績表は、時間割の制約でクラスを変えて受講する必要性を担当者に証明するためのものです。)

なお、履修に関しては、以下の点に留意ください。

・原則、低学年時の必修科目の取り残しがないよう優先的に受講すること。(留年する、しないの状況と絡むことから「原則」とします。教務委員に相談の上履修登録すること)
・受講はあくまでも必修科目を優先すること。必修科目は選択科目の理解に必要な前提科目であるので、選択科目を受講した後に必修科目を履修することはカリキュラム構成上好ましくない。

以上の事項は、電気電子工学科のみの決定事項であること、他の如何なる理由があっても指定クラス以外のクラス向けに開講される授業は履修できないことを申し伝えます。

平成19年4月 4日(水)    制定
平成21年4月10日(金) 一部改訂
平成26年5月2日(金) 一部再改訂
電気電子工学科教務委員長

教育プログラムへ戻る